竹中労の通販情報

            

老いの心の十二章 (放送大学叢書)

価格:1,749円 新品の出品:1,749円 中古品の出品:871円
コレクター商品の出品:450円
カスタマーレビュー
「多様な視点を与えてくれることで、老いへの目を開かせてくれる快著」和田秀樹氏「老年を対象にした心理学や精神医学は、あまりに「認知症」に偏っている。高齢者を認知症の有無で二分するかのごとくである。尺度にしている評価法はすべて減点法である。そこからは老いの豊かさは見えてこない」(「まえがき」より)高齢者の心の「今」を知り、老いをありのままにとらえるための十二章。病院や福祉の現場で高齢者にかかわるひとたちにも「老い」を考えるきっかけになるよう記述。[目次]・第一章 高齢社会と「老い」・第二章 老年期心性と喪失体験・第三章 老年期の孤独・孤立・第四章 死の現前化・第五章 適応・第六章 パーソナリティ・第七章 知能と感覚・第八章 痴呆とせん妄・第九章 妄想 第十章 抑うつとうつ病・第十一章 神経症・第十二章 人格障害・参考文献[著者紹介]竹中星郎(たけなかほしろう)1941年生れ。精神科医。主な著書
完本 美空ひばり (ちくま文庫)

価格:2,376円 新品の出品: 中古品の出品:626円
コレクター商品の出品:3,000円
カスタマーレビュー
日本歌謡史上最大のスター・美空ひばり。昭和の影を色濃く背負いながらも、今日なお多くの人々の魂をとらえて離さない。日本人の心情を直撃した魅力。ジャズも歌いこなした音楽的才能のすべて。小林旭との離婚など順調ではなかった私生活。三代目山口組との関係で、世間の指弾や反発を受けながらも屈せずに生きた強さ…。ひばりの本質へと迫った竹中労の最高傑作。
思索の源泉としての鉄道 (講談社現代新書)

価格:864円 新品の出品:864円 中古品の出品:1円
コレクター商品の出品:307円
カスタマーレビュー
なぜ「あまちゃん」にはjrが映らなかったのか?常磐線の断たれた鉄路はどうなっているか?三陸鉄道が復興できて、jrが復興できない理由とは?車窓に目をこらし、歴史に耳を澄ませ、日本を読み解く唯一無二の「鉄」コラム集!【目 次】第1章 東日本大震災と鉄道第2章 天皇・皇居と鉄道第3章 沿線文化の起源第4章 断たれた鉄路をゆく第5章 鉄道をめぐる記憶と文学第6章 乗客の横顔第7章 鉄道復興の軌跡第8章 海外の鉄道で考える第9章 よみがえる「つばめ」「はと」
「たま」の本

価格:2,160円 新品の出品: 中古品の出品:870円
コレクター商品の出品:3,970円
カスタマーレビュー
「たま」を通して未来が見える「たまの世界」へのガイドブック。長時間インタビューと初公開写真。
一家を守るために男は何をすべきか―ドン竹中正久の202日 (ベストセラーシリーズ〈ワニの本〉)

価格:3,240円 新品の出品: 中古品の出品:2,372円
コレクター商品の出品:3,570円
カスタマーレビュー

大杉栄 (FOR BEGINNERSシリーズ イラスト版オリジナル 31)

価格:1,728円 新品の出品: 中古品の出品:1,009円
コレクター商品の出品:1,990円
カスタマーレビュー

古本屋 月の輪書林

価格:2,052円 新品の出品:2,052円 中古品の出品:242円
コレクター商品の出品:499円
カスタマーレビュー
東京は蒲田近くの蓮沼にある「月の輪書林」。古書目録の通信販売で商いをやっている古本屋だ。「私家版・安田武」「古河三樹松散歩」といった目録をひとりコツコツと作ってきた。そんな古本屋の店主・高橋徹の熱き思いが、この一冊に満ちている。本が乱舞し人が踊りだす、書き下ろしノンフィクション。
琉球共和国―汝、花を武器とせよ! (ちくま文庫)

価格:1,620円 新品の出品: 中古品の出品:1,322円
コレクター商品の出品:3,970円
カスタマーレビュー
沖縄、ニッポンではない―。30年前の復帰前夜に、そう喝破した竹中労。その言葉の真実味は、米軍犯罪、高い失業率と沖縄が注目を集める今日、ますます重みを増している。琉歌の豊かな世界にさまよい、花のような言葉を紡ぎ出し、さらに復帰を前に、アタフタする政治家・文化人たちに辛辣な批判をくわえる。沖縄をこよなく愛したその文章は、あなたを魅了する。
竹中労の右翼との対話 (1981年)

価格:1,728円 新品の出品: 中古品の出品:2,700円
コレクター商品の出品:3,000円
カスタマーレビュー

芸能人の帽子 アナログTV時代のタレントと芸能記事

価格:2,700円 新品の出品:2,700円 中古品の出品:413円
コレクター商品の出品:2,000円
カスタマーレビュー
芸能人とは何だったか? 名子役出身でたちまち一世を風靡した中山千夏の「芸能人」時代。議員転身までの、疾風怒濤の60年後半~70年代を、自身が描かれた週刊誌・芸能誌をひもときつつ分析していく前代未聞の1500枚! スリリングすぎて、哀しすぎて、笑いが止まらない衝撃の書。《かくして私は、古い芸能記事との対面に乗り出したわけだ。そして、他人が書いた記事を、今の私と当時の私との複眼で見ながら探求し、考え、書いた。アナログtv時代のひとりの売れっ子芸能人と、彼女がいた時代とを、いろいろな意味で立体的に描いた読み物になることを目指して、書いた。》【本書の内容】第1章 前口上1 芸能人の帽子2 彼女と私と芸能記事の関係第2章 劇界の有望株を採点する1 目立たない舞台女優2 なにかがきっと待っている3 歌への意志4 ひょうたん学園第3章 かわいい“娘”1 秘蔵っ子2 自由になろう3 彼女のチーム第4章 明